普通借家契約が向いているのはこんな方

色々な家や地域で生活をしたいなら!

生活をする上で必要になる家ですが、結婚すればマイホーム購入を検討する人はとても多くなります。もちろん、結婚した全ての家庭でマイホームを希望するわけではなく、マイホームも良いけれど、さまざまなタイプのマンションに住みたいという家庭もあります。そんな家庭では、マイホームを購入してしまうと、マイホームを売却して新たに賃貸物件に住むのもお金ばかりかかってしまいますので、現実的ではありません。

色々なタイプのマンションに住みたいとか、色々な地域に住んでみたい人はマイホームを購入するのではなく、賃貸物件を借りて、二年更新のタイミングで新たな賃貸物件を探すのが良いでしょう。もちろん、2年間ではもったいないということなら、一回は契約を更新して、4年経ったら新たな賃貸物件を借りましょう。こうすることで、さまざまなタイプの家に住むことができ、さまざまな地域で生活できます。

転勤が多い家庭は賃貸に限る!

会社によっては、数年に一度の割合で転勤しないといけないところもあります。転勤族の場合には、場所が定まってしまうマイホームを購入するのは危険です。せっかく、マイホームを購入しても転勤しないといけなくなれば、単身赴任になる可能性が出てきます。これでは、せっかくのマイホームも家族全員で生活できなくなります。ですから、転勤の可能性がある家庭では、マイホーム購入は行わずに賃貸物件で生活しましょう。もちろん、単身赴任になってしまっても全く問題ないという家庭であれば、マイホーム購入も良いかもしれません。マイホームを購入する際は、働いている会社に転勤の可能性があるかどうか、この部分はきちんと確認しておきましょう。