普通借家契約のメリット

賃貸で暮らすことが決まった場合は

さまざまな物件を探した結果、賃貸で暮らすことが決まったなら、契約について十分に把握しておくことが大切です。最も多いのは、借主と貸主との間で交わされる普通借家契約です。契約期間は1年以上で、2年の契約が一般的です。また、契約期間に上限がないことが、普通借家契約の特徴として挙げられています。そのために、気に入った賃貸物件が見つかった場合には、長く住み続けることができるというメリットがあります。ただし、1年もしくは2年の契約期間が終了する前に、定期的に契約更新を行うことがポイントです。不動産会社から連絡が入りますので、契約更新の準備を整えておきましょう。メルアドなどの変更があった時は、速やかに申告すべきです。

契約を結ぶ場合に確認したいこと

正式に普通借家契約を結ぶ場合に、確認したいことがありますので、必ず心得ておきましょう。もしも家庭や仕事の都合などから、賃貸物件を途中で解約せざるを得なくなった時は、ただちに不動産会社に報告することが重要です。その理由は、普通借家契約では、中途解約に関する特約が付いているケースが多いためです。特約が付いているならば、引越をしたい1か月から2か月までに申し出れば中途解約をすることが可能です。特約がないと、契約更新までの賃貸料金を払わなければいけない可能性がありますので、注意が必要です。普通借家契約を結ぶ前に、中途解約について確かめておきましょう。尚、賃貸料金の増減は、借主と貸主の双方が合意しなければ、実現することはありません。