定期借家契約のメリット

定期借家契約と普通の賃貸契約の違い

賃貸物件を検索していると、備考欄に「定期借家契約○○年」という記載がされていることがあります。そのような物件は通常の賃貸物件とは異なるため、注意が必要です。一般的な賃貸物件の場合には、一度の契約期間は大体2年間となっています。2年の期間が経過すると、更新料を支払うことで賃借人は契約の更新ができ、そこからさらに2年間、住み続けることが可能になるという契約です。この形では、貸主は契約更新を拒否することが基本的にはできません。借主保護の傾向が強い定めです。

しかし定期借家契約では、定められた期間が過ぎると契約更新はできません。貸主は確実に物件の明け渡しを求めることができます。ここが、通常の賃貸借契約との大きな違いです。この際の契約期間は、貸主と借主双方が合意すれば、1年未満でも構いません。

定期借家契約のメリットとは

定期借家契約にはどのようなメリットがあるのでしょうか。一般的に定期借家契約の賃貸物件は、通常の賃貸物件よりも家賃が低めに設定されていることが多く、それが借家人から見た場合の一番のメリットと言えるでしょう。これは、期間が来ると貸主に物件を明け渡さないといけないためです。逆に貸主にとっては、期間が過ぎれば必ず物件を返還してもらえるというのが大きな利点となります。と言うのも、通常の賃貸契約では契約更新を拒否することが実質上できないため、騒音トラブルを起こすなどの悪質な入居者が居ても、家賃を支払っている限り退去してもらうことは難しかったからです。

入居後のトラブルが増えている現状を踏まえ、2年間の定期借家契約ではあるものの、契約更新が可能な賃貸物件も現在では出てきています。