引越し先を探すとき、スマホやパソコンを使って賃貸サイトを検索する方も少なくないでしょう。ご希望の地域や条件を選択すると、空き物件情報が表示されるので便利ですね。この時の条件で「定期借家」という項目を見たことはないでしょうか?ここでは、定期借家と普通借家での賃貸について解説します。ご自分のライフスタイルにどちらが合っているか判断する際のご参考にしてください。

普通借家契約のメリット

さまざまな物件を探した結果、賃貸で暮らすことが決まったなら、契約について十分に把握しておくことが大切です。最も多いのは、借主と貸主との間で交わされる普通借家契約です。契約期間は1年以上で、2年の契…

Read More

普通借家契約のデメリット

普通借家契約とは、2年間の契約期間が過ぎても借主が契約更新を望めば契約を更新することができるシステムです。通常、契約期間が満期になったら、大家に引き続き住み続けることができるか確認する必要がありま…

Read More

普通借家契約が向いているのはこんな方

生活をする上で必要になる家ですが、結婚すればマイホーム購入を検討する人はとても多くなります。もちろん、結婚した全ての家庭でマイホームを希望するわけではなく、マイホームも良いけれど、さまざまなタイプ…

Read More

定期借家契約のメリット

賃貸物件を検索していると、備考欄に「定期借家契約○○年」という記載がされていることがあります。そのような物件は通常の賃貸物件とは異なるため、注意が必要です。一般的な賃貸物件の場合には、一度の契約期…

Read More

定期借家契約のデメリット

定期借家契約は、その名の通り「居住期間があらかじめ定められている賃貸契約」です。契約期間は貸し主によって定められますが、1年から2年がよくある例です。定められた居住期間が過ぎると、原則としてその物…

Read More

定期借家契約が向いているのはこんな方

定期借家の物件に向いている人の特徴は、最初から短期間で退去することを前提で物件を探している人です。そもそも定期借家は長期的に住みたい人には向いていません。通常の賃貸は2年契約がベースで、希望があれ…

Read More

ライフスタイルに合う札幌の賃貸を探しましょう!

札幌の賃貸は、冬場の防寒対策がしっかりとしているところや、インターネット環境や防犯設備などにこだわりが見られるところが目立ちます。

普通借家契約での賃貸

一般的に「賃貸」と言うと、定期借家ではなく普通の賃貸を浮かべる方が多いはずです。期間が制限されていないので、長期間住むことが出来て安心かもしれません。しかし、子供の成長と共に広い部屋への引越しが予測されるご家庭などは、本当に普通賃貸がお得なのでしょうか?ここでは、普通借家契約のメリット、デメリット、どのような方に向いているかについてご説明します。

定期借家契約での賃貸

定期借家契約では、貸主が何らかの事情で期間を限って物件を貸します。マンションの1室を購入した貸主が転勤を理由に定期借家で部屋を貸すこともあれば、アパートの立て直し時期が迫っている、などと理由はさまざまでしょう。ここでは、定期借家契約のメリット、デメリット、どのような方に向いているかについてお伝えします。